染め工場さんに行ってきました。

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

のほほん金糸屋の店先で「なが~く」活躍をしてくれはった「のれん」なんどすけど、ぼちぼち隠居暮らしにならはります。 
頑張ってくれはった「のれんはん」に敬意を表しつつ、新調の計画を2段階で進めている最中なんどすえ^^

そんなわけで、その第1弾ののれんづくりをお願いしております株式会社 西田惣染工場様のご好意に甘えまして、作業の様子を見学させていただきました。

引染の工程です。
d0176048_12453757.jpg

型糊のなかに刷毛で色を染め入れていかれます。
d0176048_12462367.jpg

いろいろお話をうかがうことができました。
色によって性格の違う染料や布地の性質、さらにはその日の気温、湿度、果ては使用する水の硬軟質、PH値までを考慮して作業される・・・やはり職人仕事なんですね。

職人さんの手仕事を拝見したあとは、最新鋭の昇華転写捺染という技術も見せていただきました。
写真はないのですが、グラデーションの表現が素晴しいです。
伝統の技術と最新鋭の技術、両方を持っていることによって「染色技術」が相乗的に高まっていくのが西田惣染工場さんの「強み」ですよね。

西田さんとは以前から縁あってお知り合いでしたが、お仕事の内容を見せていただくのは初めてでした。
よそ様の作業風景を見せていただくのは、とても楽しいですし勉強になって刺激になります。

お土産もたくさん頂きました。 アイデア振り絞って面白い「ものづくり」試してみます。

明子社長、いろいろお話聞かせていただいて、ほんまおおきにでした。 のれんの出来上がり、楽しみにしてますね。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
[PR]
by tera-yasu | 2010-11-09 13:28 | ご訪問 | Comments(0)
<< 3代目の「のれん」どす 四国の祭、豪華絢爛な刺繍幕 >>