”自信””やる気””明るさ”を取り戻すための”元気のヒント”

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

NHKおはよう関西の元気な中小企業コーナーなどで活躍されている「日本一明るい経済新聞」編集長の竹原信夫さんのお話を伺ってきました。
のほほん金糸屋も所属している京都中小企業家同友会の例会企画です。
d0176048_1815921.jpg

竹原さん、ほんまに元気なお方でした^^
お話を聞いているうちに、こちらの気持ちの温度もどんどん上がっていくような気持ちになりました。
さすがに日本中の元気な中小企業を行脚されている方です。
具体的な「元気な中小企業」の事例を交えながら、楽しく勉強させていただきました。

印象に残ったくだりは「あ・い・う・え・お経営」
「あ」は明るい笑顔。
経営者たるもの、しんどくても辛くても決して表情に出さないこと。
ネガティブな雰囲気は社内にすぐに伝わって、会社の空気が悪くなる。
経営者自身が努めて明るく振舞って、社内の空気を良くする事。

「い」は意思を強く持つこと。
苦しいときでも絶対にあきらめない。
逆境でも「こんなことでへこたれるか!」と絶対に前を向く。
成功者は成功するまで続けるから成功する。

「う」は運が良いと思い込むこと。
たとえば交通事故に遭って足を骨折したとする。
「交通事故に遭ってしもて、俺はなんて運が悪いんや・・・」と思うんとちごて、
「命を持ってかれんと、足の骨折だけですんで、なんて運が良いんやろ」と思い込む。
自分に強い自信を持つこと。

「え」は縁を大切にすること。
自分ひとりだけで生きてはいない。
いろんな人の支えがあって、自分や会社が存在している。
社員やその家族、お客様や協力をしてくださる人々に感謝をすること。
その人脈の輪を広げていくこと。

「お」は大きな夢を持つこと。

「儲かってる会社の社長が明るいんと違うんですわ!
社長が明るく努力するから、会社が良くなって儲かるんですわ!」
と竹原編集長はおっしゃいました。

経営は知識やテクニックももちろん大事です。
そやけど、ごくごく基本的にリーダーこそが「前向きに明るく」ですよね^^

しんどいときこそ、「あ・い・う・え・お」
顔晴り(がんばり)ましょう!!

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2013-02-27 18:32 | その他 | Comments(0)
<< 豊浜 ちょうさ会館 見学してきました 東京ギフトショー春2013 御礼 >>