本金糸ができあがる過程 その2

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

職人さんの妙技のリレーで本金糸ができあがっていく過程を動画でご紹介、更新が遅くなりましたが今回は「その2」です。

地漆を引いて下地作りを終えた和紙にいよいよ純金箔を押していきます。
地漆を引かれた和紙は、約60cmの幅に長さが125mあります。
この和紙の上に3寸7分(12cm弱)四方の金箔を手作業で押していきます。


この工程で使用する純金箔は5800枚。
1万分の3㎜という薄さの純金箔は取り扱いが非常に難しく、それを狂いなく隙間なく貼りこんでいく技術は見事なものです。

ところで下地や接着剤として本金糸作りに欠かせない材料の「漆」。
前回の本金糸ができあがる過程 その1でも触れましたが、湿度によって定着の条件が変わるので、漆の状況の見極めも非常に難しいところです。
なおかつ漆が「乾く前に」金箔を押し終えないといけないので、スピードも要求されます。

まさに、高度な技術と経験と勘と根気が必要な「職人技」の工程です。

次回は裁断の工程をご紹介します。
お楽しみに^^

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2015-04-06 09:10 | 金銀糸 | Comments(0)
<< 本金糸ができあがる過程 その3 本金糸ができあがる過程 その1 >>