人気ブログランキング |

絲tabaneと「うるし」のお話し

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

今回は絲tabaneとうるしのことについて少しお話しようと思います。
d0176048_10462819.jpg
絲tabaneのカラーラインナップは6色から選んでいただけるのですが、
黒いろ、白いろ、弁柄いろ(赤)、舛花いろ(青)
この4色はうるしに顔料を混ぜたもので加飾しています。

うるしの柔らかくてマットな質感が純金の糸にも相性が良くて
お褒めのお言葉もいただくのですが、
そもそも「なんで『うるし』なん?」というお話しで・・・。

絲tabaneに使っている純金糸、素材は和紙に純金箔を箔押したもので制作しています。
金箔の薄さは1万分の3㍉、ものすごい薄さで扱いも難しいのですが、
箔押をする相手のの三椏(みつまた)和紙の表面はザラザラしています。
そのまま金箔を押してしまうと、その和紙の表面が現れてしまい金箔の光沢が消されてしまうのです。
d0176048_11031679.jpg
そこで和紙に箔押しをする下地として、うるしを薄く引き塗っていきます。
写真の茶色に見えている部分がうるしを引いた下地になります。
こうすることで和紙の表面が鏡面状にツルツルになり、金箔の光沢が美しく現れるようになります。
つまり純金糸の光沢の美しさを決める、
とても重要な素材が「うるし」であるというわけです。

しかしこのうるしもまた扱いが非常に難しい・・・。
うるしの加工は温度と湿度の管理がとてもシビアです。
うるしの状態の見きわめを間違えると、たちまち金糸の出来栄えが悪くなってしまいます。
加工作業をする時間の天候、温度、湿度でご機嫌の変わるうるしの状態の見きわめ、
ここが職人さんの一番の腕の見せ所でもあります。

純金糸にとって「縁の下のちから持ち」な存在のうるし。
その活躍を少しでも皆さんにご紹介したいな・・・
そんな思いで絲tabaneにはうるし塗りで飾り付けをしています。

絲tabaneが皆様とお目にかかる機会がありましたら、
ぜひうるし塗りのところにもご注目いただけると嬉しく思います。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi

# by tera-yasu | 2019-07-13 10:45 | 金銀糸

絲tabane 新作発表

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

今年も東京インターナショナルギフトショーの季節がやってまいりました。
絲tabaneのデビューからまる2年が経ち、3回目となるギフトショーに向けての準備も佳境を迎えています。

今回は絲tabaneの新作のお披露目をさせていただく予定です。
d0176048_16493754.png

d0176048_1650974.jpg


絲tabane preta(たばね ぷれた)
シンプルで自由なデザインを描く
軽快なカジュアルラインの誕生です。

第87回東京インターナショナルギフトショー春2019
東京ビッグサイト 東6ホール
ブース番号:東6-T50-28
あたらしきもの京都
http://www.atarashiki-mono-kyoto.com/

皆様のお越しを心よりお待ちしております。

創業明治三十年 京都 金銀糸株式会社 寺島保太良商店
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi

# by tera-yasu | 2019-02-06 17:10 | 金銀糸

今年もありがとうございました

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

平成最後の一年となりました今年もあと1日となりました。

当店も無事に本年の営業を終えることができましたのも、
金銀糸をお使い頂く皆様、ご協力を頂くつくり手の皆様、
さまざまなかたちで支援をいただく皆様のおかげと
心より感謝申し上げます。

今年も素敵な出来事がたくさんあった一年となりました。

当店のスタッフが二人目の赤ちゃんのご出産。
元気で可愛らしい女の子の笑顔が見れたことはとても嬉しい出来事でした。

それに伴ってピンチヒッターで入社していただいたスタッフさんも、
とても明るく楽しい方で少しずつ仕事も慣れていっていただいて
お店の雰囲気も楽しく過ごすことができました。

純金糸でつくったアクセサリーのあたらしいかたち”絲tabane”
取り組みは2年目を迎えて、ラインナップも増えました。

秋ごろからは大阪や東京の百貨店様で、
沢山の皆様とお出会いを頂ける機会を頂戴することができました。

”絲tabane”を御覧頂いて、笑顔で手にとってくださるお客様と
たくさんお出会いできたことは、
のほほん金糸屋にとってもとても嬉しい時間でした。

まだまだ産声を上げて間もない”絲tabane”
大切に育ててもっと沢山の皆様に、
金銀糸の美しさ、楽しさをお届けできるように頑張っていこうと思います。

金銀糸を通じて地域の宝ものづくりのお手伝い。
当店はこの「思い」のために日々の取り組みをしています。

「思い」をかたちにしていくことは、様々な人との出会い、様々な人との協力や支え合い
まさに「ご縁のちから」が大切なことなんだと、改めて感じた一年だったように思います。

新年は1月7日より営業を始めさせていただきます。
引き続きなにとぞよろしくお願い申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸株式会社 寺島保太良商店
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi

# by tera-yasu | 2018-12-30 16:22 | その他

絲tabaneのデザイナーさんのお話

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

絲tabane(たばね)についてお話するシリーズ。
第2回目です。

以前のブログにも書きましたが”絲tabane”のデザインを担ってくださっているのは、「Creator's lab CREA/Me」の皆さんです。
CREA/Meを主宰されているコバヤシタカシさん
(以下、敬意をこめて”コバさん”とお呼びします^^)とは、
数年前に共通の友人を介してひょんなことからお知り合いになりました。

ジュエリーデザイナーをされているコバさんにとっては、
素材としての金銀糸にご興味を持っていただけたのが
大きなきっかけだったのかなと思っています。

「”いつか””なにか”いっしょにやろうよ」
数年前にお話していたことを「かたち」にすることができたのは
様々なタイミングが合わさったことによるものでした。

のほほん金糸屋では純金の糸を
たくさんの方に知っていただいて
身近に使っていただくための
ものづくりのプロジェクトの取り組みをすすめていました。

純金の糸を暮らしの中で楽しんでいただくのには
「やっぱりジュエリーアクセサリー」をつくろうよ、という流れの中で
協力をお願いするのはコバさん以外には考えられませんでした。

快く引き受けてくださったコバさんには
今でも心から感謝しています、

新しい純金の糸の
「ジュエリーアクセサリーのかたち」を表していく中で
コバさんと練っていったコンセプト。

それは、金糸に加工を施して制作するのではなく
「糸の表情をそのままにシンプルに表現すること」でした。

じつはこのコンセプト、
のほほん金糸屋にとって今までなかなか考えが及ばなかったポイントでした。

織物や刺繍、くみひもの素材として使っていただいている金銀糸。
のほほん金糸屋には
「糸素材にはなにか手を加えないと価値を生まへんのとちゃうやろか?」
との凝り固まった固定観念がありました。

以前、コバさんがのほほん金糸屋の金糸をご覧になった時に
刺繍用の金糸の「たば」の表情を
とてもきれいに感じてくださっていたそうです。

d0176048_16382099.jpg
「金糸それ自体がとてもきれいな表情をしているのに、
それを活かさない手はないよ」

そういってくださったコバさんの感性はさすがだなと思ったと同時に、
プロのデザイナーさんと協業することによって
のほほん金糸屋自身のものづくりの感性も
磨かれていく期待も芽生えていました。

ひとまず、続きます^^

創業明治三十年 京都 金銀糸株式会社 寺島保太良商店
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi

# by tera-yasu | 2018-07-07 12:10 | 金銀糸

絲tabaneのこと

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

のほほん金糸屋が新しくはじめたジュエリーアクセサリーのブランド”絲tabane”
しばらくは”絲tabane”の事をいろいろと皆様にお伝えするブログにしていこうと思っております。

のほほん金糸屋が大切にしている思い
「金銀糸を通じて地域やお客様のたからものづくりのお手伝い」
その思いを新しいかたちにして、”絲tabane”を皆様にお届けしたいと思い立ちました。

のほほん金糸屋がなぜ”絲tabane”を作ろうと思ったのかについては、
もしよろしければ以前のブログ記事をご覧いただけますと幸いです。

”絲tabane”があたらしい「たからものづくり」になることを願って取り組んでいます。

純金の糸の”たば”の表情をシンプルに表現したデザインを
コンセプトとした”絲tabane”。
アイテムとしては5つの種類をご用意しました。

純金の糸をぜいたくに使った豪奢なネックレス
d0176048_12070218.jpg

純金の糸をスマートな表情でまとめたチョーカー
d0176048_12071885.jpg
手元をそっと上品にかざるブレスレット
d0176048_12073836.jpg
キュートなサークルと純金の糸のシックが同居したイヤリング
d0176048_12075184.jpg
華やかな中にも、大人の落ち着きを表現したピアス
d0176048_12080154.jpg

東京ギフトショーなどの展示会で出品をさせていただいたところ、
たくさんの方々にご覧いただきお褒めのお言葉を頂戴することができました。
今後も皆様のお目にかかる機会がたくさんできるように頑張っていこうと思っています。

”絲tabane”のオフィシャルwebページも出来上がっておりますので、
どうぞご覧くださいませ。

しばらくこのブログでは”絲tabane”のものづくりの物語、
漆や金属の素材の事、
ブランドネームやロゴ、パッケージなどのデザインの事をお話していきたいと思っています。
お付き合いいただけますと幸いです。

創業明治三十年 京都 金銀糸株式会社 寺島保太良商店
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi

# by tera-yasu | 2018-06-12 14:29 | 金銀糸