カテゴリ:ご訪問( 16 )

港区国際交流協会さま

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、東京の港区国際交流協会
様からご依頼を頂戴して、金銀糸についてのお話をさせていただく機会がありました。
http://www.minato-intl-assn.gr.jp/index.htm
東京港区は外国大使館が数多くあり、海外の方もたくさん住まわれているそうで、そういった皆様の文化的交流を深める活動を行っている団体だそうです。
そういった活動の一環として、日本文化をお伝えする企画として京都の金銀糸に白羽の矢を立てていただいたようです。

のほほん金糸屋も人前でお話することは全く慣れておりません。
大勢の方を前にして、ド緊張ですねん^^;
d0176048_17185774.jpg


しどろもどろではありましたが、京都の金銀糸の歴史から製作工程、日本各地の伝統文化のものづくりにお役立ちをしている様子までのほほん金糸屋なりに精一杯お話させていただきました。

海外の方に「金糸の手より体験」もしていただきました。
d0176048_17191137.jpg


日本の方にも、海外の方にもまだまだ知られていない金銀の糸。
でも、ご覧になった皆様から「きれいな糸ですね」とお声を掛けていただいて、のほほん金糸屋も元気が出てきます。
今回もほんとうに貴重な機会を頂いて、京都の金銀糸を新しい方々に知っていただきました。
のほほん金糸屋のお話が、国際交流のほんのささやかなお手伝いになったのであれば幸いです。

港区国際交流協会の皆様、本当にありがとうございました。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2015-02-06 17:39 | ご訪問 | Comments(0)

豊浜 ちょうさ会館 見学してきました

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、四国に出かけた際に香川県は豊浜町の「ちょうさ会館」を訪問してきました。
d0176048_16421721.jpg

当店の金銀糸は日本各地のお祭りの飾り幕のものづくりをお手伝いしていまして、豊浜町の「ちょうさ祭り」もその一つです。
WEB

さぬき豊浜ちょうさ祭り



その「ちょうさ祭り」を詳しく展示されている「ちょうさ会館」に中を少しご紹介します。
d0176048_16501541.jpg

d0176048_16524297.jpg

d0176048_16531760.jpg

d0176048_16535752.jpg

巨大な「ちょうさ」の展示に圧倒されながら、お祭りの歴史や「ちょうさ」の仕組み、町内各地の「ちょうさ」のはっぴや由来など、楽しく、興味深く「ちょうさ祭り」について学ぶことができました。

おみやげにクリアファイルと「うどん県パスポート」発行してもらえたり^^
これはちょっとうれしおす^^
d0176048_175420.jpg


讃岐にお出かけの際は、ぜひ立ち寄られてはいかがでしょうか?
WEBさぬき豊浜ちょうさ会館

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2013-04-09 17:13 | ご訪問 | Comments(0)

大相撲 国技館で初観戦

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、東京出張した折に両国国技館へ大相撲観戦にチャレンジしました。
本場所開催中の国技館はとても良い雰囲気で、わくわくしてきます。
d0176048_1718595.jpg

d0176048_17191751.jpg

d0176048_17194589.jpg


エントランスホール中央には優勝トロフィーと優勝旗、盾が展示されていました。
まさに「宝もの」ですね。
d0176048_1723864.jpg


幕内取り組みの前に土俵入り。
各力士の化粧まわしがとてもまぶしいです。
d0176048_1725733.jpg


白鳳、日馬富士の両横綱の土俵入りは圧巻の一言・・・立派すぎてため息が出ました。
d0176048_17271125.jpg

d0176048_17272341.jpg


いくつかの化粧まわしに、のほほん金糸屋の金銀糸を使っていただいています。
地域や文化の「宝物づくりのお手伝い」もこういう形でお役に立てているかと思うと、ほんまにうれしい思いです。

優勝争いも佳境に入っていた時期やったので、それぞれの取り組みも熱くて興奮しました。
のほほん金糸屋は完全に大相撲にハマりましたえ^^
初場所は日馬富士関の全勝優勝で幕を閉じましたが、3月の来場所もいまからとても楽しみです。

大相撲、たいへんおもしろおすえ^^

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2013-01-29 18:18 | ご訪問 | Comments(0)

金沢 金箔工房の見学に行ってきました。

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

当店の本金糸には上質の純金箔を使用しています。
その純金箔はすーっと昔から御世話になっている、金沢の金箔屋さんから仕入れをさせて頂いてます。
今回は金箔屋さんに無理をお願いして、金箔の製作工程を勉強させていただくために金沢まで出かけてきました。

断切金箔を打ち伸ばす前、グラシン紙と呼ばれるものに一枚ずつ金箔が挟み込まれています。
数千枚重ねる準備の工程は6時間程度かかるそうです。
d0176048_1722589.jpg

箔打ちの機械、使い込まれて黒光りしていてなかなかの迫力です。
昭和初期から使われているそうで、70年は稼動していますね。
d0176048_1725499.jpg

d0176048_1726564.jpg

d0176048_17261969.jpg

箔打ちの様子。
音と振動がものすごい迫力でした。


このようにして、最終的には3/10000mmの薄さまで金箔を打ち伸ばすわけですね。

断切金箔よりもさらに上質な縁付金箔を製作するには、和紙製の打ち紙を使用します。
d0176048_1733513.jpg

この打ち紙を作るのにも手間と時間をすごくかけるそうです。
金箔を打ち終えた打ち紙を、最終的に「ふるや紙」として当店にも分けていただいていますが、ほんまに貴重な品物なんやと改めて勉強させていただきました。

金沢の職人さんが丹精をこめて作り上げた上質の純金箔。
またその純金箔も箔押し職人さんや撚糸職人さんの手によって、本金糸として形を変えます。
それが織物職人さんや刺繍職人さん、組紐や撚り房職人さんの手によって、地域やお客様の宝物になっていくわけです。

ものづくりの現場を拝見させていただくことは、本当に貴重な勉強の機会です。
今回、貴重な機会を与えていただいたみなさま、本当にありがとうございました。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2012-11-02 17:48 | ご訪問 | Comments(0)

金銀糸モニター調査会

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、東京は恵比寿にて「金銀糸モニター調査会」を開催させていただきました。
d0176048_18443114.jpg

京都で作っている「金銀糸」をたくさんの方に知っていただくにはどうしたらええの?
「金銀糸」を使ってどんなものを作ったら、たくさんの方々に喜んでもらえるんやろう?
そんなご意見を伺える場所ができひんかなぁ・・・なんて悩んでいたところ、首都圏でたいへんお世話になっている方が協力を申し出てくださって今回の企画が実現しました。

ほんで協力してくださったその方がまたすごい。
予算に応じた会場の手配からはじまり、各方面のデザイナー様やプロデューサー様などにお声掛けをしてくださって、設えを完璧にしていただきました。本当に感謝です。

さて、そのように集まっていただいたモニターの皆様は、やはり「金銀糸」のことをご存じない方がほとんどでした。
のほほん金糸屋の無い知恵を絞って金銀糸の歴史から、金銀糸がどういった素材でどのように作られているのかを身振り手振り一生懸命お話させていただきました。
あまり人前でお話しすることは得意ではないのでずいぶん右往左往しましたが、金銀糸のお話をうまくお伝えすることができたやろか・・・?

金銀糸そのものをご覧頂いたり
d0176048_18432722.jpg

のほほん金糸屋で昨年から「純金刺繍」をテーマにして作ったのれんや、帽子、バッグをご覧頂いたり。
d0176048_18453753.jpg


京都の金銀糸について厳しくも温かいご意見をたくさん頂戴できて、本当に有意義な時間でした。

のほほん金糸屋の理念「金銀糸を通じてお客様や地域の宝物づくりのお手伝い」を実現していくに当たって、勇気と実行力が沸いてきます。

今回お集まりくださったモニターの皆様と、ご協力をしてくださったMayStyleの宮原さんに心から御礼申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2012-07-31 18:58 | ご訪問 | Comments(0)

淡路島だんじり祭り

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

春の柔らかい日差しが注ぐなか、今年も淡路島へだんじり祭りの見学に出かけてきました。
明石海峡大橋も素晴しくきれいに眺められました。
d0176048_16115279.jpg

南あわじ市、阿万亀岡八幡宮には2基の神輿と15台の壇尻が集まる大きなお祭りでした。
お神輿に続いて巨大な壇尻が、勇ましい掛け声と太鼓の響きを伴って続々と宮入りしてきます。
d0176048_16142625.jpg

d0176048_1618635.jpg

d0176048_1621699.jpg


淡路島の壇尻は金銀糸の刺繍幕や金綱の見事です。
それ以外にも彫刻や飾り金具など伝統工芸の技がいたるところにちりばめられており、本当に見事な「地域の宝もの」です。
d0176048_16222416.jpg

d0176048_16225364.jpg
d0176048_1623855.jpg
d0176048_16232164.jpg
d0176048_16234396.jpg


壇尻ごとに奉納される「だんじり唄」は、淡路島で盛んな人形浄瑠璃が基になっているそうです。
境内に響き渡る見事な歌声に心を動かされます。
d0176048_162789.jpg


4月の日曜日は淡路島の色々なところでお祭りが催されます。
明石海峡大橋をわたって、一度お出かけしてみてくださいませ。
淡路島だんじり祭り webページ
http://awajidanjiri.jimdo.com/

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2012-04-16 16:31 | ご訪問 | Comments(0)

3.11

東北地方太平洋沖地震が起きてから1年がたちました。
改めまして震災でお亡くなりになられた方に哀悼を表するとともに、被害にあわれた方に心よりお見舞いを申し上げます。

3月8日から3月10日にかけての3日間、東北地方を訪れる機会を頂戴しました。
所属をしております中小企業家同友会の全国研究集会が福島県郡山市で開催され、「震災1年 強い絆のもと 我ら断じて滅びず」のテーマのもと、日本全国から中小企業のみなさんが1500名以上もお集まりになられ、私も参加してまいりました。

郡山には以前から親しくさせていただいている会の仲間もいます。
また、宮城県や岩手県の会員の方ともお話をする機会がたくさんありました。
この1年間、どのように生きてこられ、企業を存続してこられたのか。
ものすごい危機と、困難と、努力と、行動の体験をお伺いするにつれ、そのエネルギーに心から感銘を受けました。

また、ご好意で宮城県の被災地域に案内をしていただきました。
言葉や文章ではとても言い表せない光景がひろがっていました。
とてもカメラを向ける気持ちになれませんでした。
理屈ではまったく捉える事のできない、ただただ感情でしか受け取ることのできない経験でした。

ただ、その厳しい現実のなかで前向きに生きること。
今回お話をさせて頂いた福島、宮城、岩手の皆さんは、本当に、本当に、前向きに復興に向けて明るく頑張っておられるようにお見受けしました。
それがどのような意味をもつものなのか?
今の私にはうまく正確に表現をする言葉が見つからないのですが、とにかく強いエネルギーが存在していました。

今回はボランティア活動をお手伝いさせていただいたわけでもなく、いろいろと勉強をさせていただくために東北地方を訪問させていただきました。
そんな私でも、温かい東北地方の皆さんは快く歓迎をしてくださいました。

人生のなかでも非常に意義深い3日間を経験し、また今日3月11日を迎えています。
1年1年、1日1日、時間が過ぎていくとともに前進をしていること。
そして、人生や生活や仕事の中で「だれかの、なにかの、お役にたっていること」を意識して過ごすこと。

「絆」という言葉の意味を、深く考える1日にしたいと思います。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2012-03-11 13:37 | ご訪問 | Comments(0)

あらしやま大学

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、嵯峨螺鈿 野村さんへご訪問してきました。
d0176048_17566.jpg

創業明治末期の老舗で、京都の嵐山で青貝・螺鈿(らでん)の製造・販売をされています。

今回は野村さんの発案で、伝統工芸の職人と消費者を繋ぐ架け橋というコンセプトの「あらしやま大学」という企画にお邪魔をしてきました。

まずはご主人の野村さんに螺鈿についてのご講義を頂きます。
d0176048_1716327.jpg

d0176048_17164849.jpg

d0176048_1717424.jpg

素材として美しい貝を使った細工物、螺鈿のことを詳しくお伺いしたのは初めてでした。
体験も含めて、とても興味深く螺鈿のことを理解できたと思います。
野村さんおおきに、ありがとうございました。

続いてはのほほん金糸屋は「金銀糸」のテーマで、ご参加くださった皆様の前でお話しする「講師」というお役を頂いてしまいました。
まったくたいしたお話もできないので、ど緊張です。なので勝負服をまとってがんばります^^;
d0176048_17153097.jpg

とにかく身振り手振り一生懸命、金銀糸の世界、魅力をお伝えすることに努めさせていただきました。
ご参加いただいた皆様に何かひとつでも参考にしていただける事をお伝えできたらよかったのですが・・・いかがだったのかな?

今回も貴重な機会を与えていただいて、貴重な経験を積ませていただきました。
企画をしてくださった嵯峨螺鈿 野村様、ならびにご参加くださいました皆様に感謝申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
by tera-yasu | 2012-03-01 18:55 | ご訪問 | Comments(0)

淡路島のだんじり

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

先日、淡路島は賀集八幡宮のお祭へだんじりの見学に出かけてきました。
d0176048_11553272.jpg

桜並木のなかをだんじりが「だんじり唄」を響かせながら宮入りしてきます。人形浄瑠璃の流れを汲む地域の伝統芸能ですね。その歌声、とても素晴しいと感じました。
d0176048_1158296.jpg

淡路島のだんじりも独特の形をしています。刺繍幕や金綱、彫刻など様々な工芸品に装飾されています。まさに「地域の宝もの」ですね。
d0176048_11591951.jpg

d0176048_11593671.jpg

d0176048_120348.jpg

d0176048_1222725.jpg


のほほん金糸屋も「地域の宝物づくりのお手伝い」ができていることを実感させていただきました。

4月は日曜日ごとに、淡路島のいろんなところでだんじりが出るそうです。
淡路島、とてもいいところです。明石海峡大橋を渡って、一度お出かけしてみてください♪

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
[PR]
by tera-yasu | 2011-04-15 12:04 | ご訪問 | Comments(0)

東京インターナショナルギフトショー

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

2月4日の金曜日は日帰りで東京ビッグサイトに出かけてきました。 「東京インターナショナルギフトショー」の見学です。

展示場内は撮影禁止でしたので、受付の様子だけとりあえず・・・^^;
d0176048_12341185.jpg


のほほん金糸屋はほとんど東京に出かけることが少ないので、東京駅に到着した瞬間から「おのぼりさん」よろしく上を見上げて「へ~♪ほ~♪」と高層ビル群に驚嘆、テンションが上がってしまいました。 到着した東京ビッグサイトも広大な敷地に圧倒されてしまいます^^;

いつまでも、田舎モン丸出しでおのぼりさんやってるわけにも参りませんので、意気揚々とブースめぐりを敢行してきました。

お取引先様やお知り合いのブースなどお目当てを数箇所ほど事前にピックアップはしておりましたが、何しろ様々な企業様のおびただしい数の展示ブースです。 右に左に興味をそそられ、足が棒のようになるまで歩き回ってしまいました。

さすがに大規模な展示会、どこのブースも大変盛況のように感じました。
いろいろなものも拝見させていただきましたし、課題も数点持ち帰らせていただきました。
とにかく出かけてみてとても良かったです。 今後に向けてホンマに勉強になりました。

金銀糸の可能性をもっともっと拡げる為に、のほほん金糸屋もいつかはブース出展してみたいな♪

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com/
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
[PR]
by tera-yasu | 2011-02-07 12:47 | ご訪問 | Comments(0)