今年も一年ありがとうございました^^

おおきにおこしやす。
のほほん金糸屋です。

今日は午前中から恒例の大掃除。
チームワークで手際よく進めて、先ほど新年を迎える準備が整いました。

今年も1年間「金銀糸を通じてたからものづくりのお手伝い」を、誠実な姿勢と丁寧な行動を意識して取り組んでまいりました。
ありがたいことにお祭りのかざり幕や記念旗などの「地域の宝ものづくり」では、お手伝いをさせていただくお話がいろいろとあり貴重な経験を年々積ませていただいております。
当店の名前は表には出ませんが、それぞれの地域の文化的な財産を維持発展させていくとても大切なお取り組み。
それぞれの地域の皆様や、運営に関わっている皆様の思いを感じて、素材を提供しているのほほん金糸屋としてもとても光栄な気持ちになります。
のほほん金糸屋が一番大切にしている想い。
来年も引き続いて取り組んでいきたいと思います。

今年はもう一つ、新しい取り組みを進めました。
d0176048_11312934.png
d0176048_11315464.jpg
純金糸を用いたあたらしいジュエリーのかたち「絲tabane」(たばね)
まさか、のほほん金糸屋が独自にジュエリーのブランドを企画するなんて;^^A
ついこないだまでは夢にも思ってませんでしたよ。

お友達になったジュエリーデザイナーの方や、様々なクリエイターの皆様、行政や商工会議所の皆様。
本当にたくさんの皆様のご協力を頂戴しつつ「絲tabane」は産声をあげました。

「絲tabane」のものづくりは端緒についたばかりで、皆様のお目に触れる機会をいただくにはもう少しいろいろと取り組んでいかないといけないことがあります。
でも、ご覧いただいた皆様からは本当に励みになるお褒めのお言葉をたくさん頂けて、「絲tabane」を大切に育てていこうというモチベーションが日に日に高まっていく1年でした。

「地域の宝ものづくり」に欠かせない純金糸。
その純金糸を「みんなの宝物の時間」のお供にしていきたい。
のほほん金糸屋はそんな思いをもって「絲tabane」を育てていきたいと思っています。

とはいえ、のほほん金糸屋のちからだけでできることはたかが知れています。
「絲tabane」に関わってくださるクリエイターの皆さんの思いも「束なって」、「絲tabane」の世界が拡がっていけば素敵だなと思っています。
来年は「絲tabane」がたくさんの皆様とお出会いして、あたらしい「たばね(出会い)」がたくさん生まれる1年にしたいと思っています。

例年になくこのブログのエントリが滞ってまいりました・・・ごめんなさい。
来年こそはブログの更新ももう少し身を入れて取り組んでいかねば!!

ともあれ、今年も1年間なんとか無事に終えられたことは皆様のおかげだと改めて感謝申し上げます。
新年は1月5日より営業を始めさせていただきます。
引き続き、来年も何卒よろしくお願い申し上げます。


# by tera-yasu | 2017-12-29 17:00 | 金銀糸 | Comments(0)

絲 tabane 金銀糸のアクセサリーのかたち

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

いよいよ明日から開幕する東京インターナショナルギフトショー春2017
「LIFE×DESIGN」展
のほほん金糸屋は「あたらしきもの京都」の一員として出展いたします。

今回発表させていただくのは、純金の糸を用いたアクセサリーのあたらしいかたち。
「絲 tabane(たばね)」と名付けました。
http://www.terayasu.com/tabane.html
d0176048_16424163.jpg

http://www.terayasu.com/tabane.html

作ったのはネックレスとブレスレット。
純金糸の束(たば)の表情をシンプルに表現することにチャレンジしました。
d0176048_16425382.jpg


デザインと制作を担ってくださったのは「Creator's lab CREA/Me」
大阪でクリエイターに必要なことを学びあう場として活動されています。
http://www.creame-dep.com/
d0176048_1647259.png

http://www.creame-dep.com/

「絲 tabane」は「CREA/Me」に集まるいろんなクリエイターの皆さんの協力で生まれました。
「絲 tabane」は純金糸の束の表情もさることながら、いろんな人々の才能や発想や知恵が「たばなって生まれた」の意味も込めています。
また「絲 tabane」を身に着けて頂くことで、人々の間に「あたらしいたばね(出会い)」が生まれることを願っています。

そんな思いを込めて一生懸命つくった「絲 tabane」
たくさんの皆様にご覧いただけますと幸いです。

2月1日~2月3日 東京ビッグサイト 東1ホール 東1-D-04
「あたらしきもの京都」ブース内

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
# by tera-yasu | 2017-01-31 09:16 | 金銀糸 | Comments(0)

あたらしきもの京都

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

大きな規模で開催される東京インターナショナルギフトショー
ご無沙汰しておりましたが3年ぶりに出展させて頂く事になりました。
d0176048_1513223.gif

東京インターナショナルギフトショー春2017 LIFE×DESIGN

今回はあたらしきもの京都というプロジェクトで商品開発、展示出品という形になります。
d0176048_1594755.jpg


会期まで1週間あまりとなってまいりました。
ただいま、鋭意にて制作準備中。
ラストスパートがかかっております。
本当に心強い仲間の皆様に協力をしていただいております。

今回は純金の糸を身に着けていただける、
「あたらしいかたち」
をご提案したいと思っています。
ぜひどうぞお楽しみに^^

2017 2/1(水)~2/3(金)
第83回東京インターナショナルギフトショー春2017
LIFE×DESIGN Active Design&Craft Fair
「あたらしきもの京都」
東京ビッグサイト 東1ホール ブース番号:東1-D-04

皆様のご来場を心よりお待ち申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
# by tera-yasu | 2017-01-21 15:17 | 金銀糸 | Comments(0)

今年もよい一年でした^^

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

ようやく大掃除も終えてひと段落、とおもいきや・・・・
まさかの突然のオーストラリアからのインバウンドのお客様がお見えになった仕事納めの一日でした^^
本当にありがたいことですね^^

さてさて、どうにか今年も無事に仕事納めを迎えることができました。
「金銀糸を通じて地域やお客様の宝ものづくりのお手伝い」
誠実な姿勢と丁寧な行動で取り組めたかどうか、
振り返りと反省をしつつ年末のブログを執筆しております。

一番の反省点はこのブログ・・・
今年の投稿はなんとたったの3回・・・
年々順調に更新の頻度が下がって冷や汗をかいております^^;

今年はこれまでの取り組みを踏まえておつながりができた皆様方と、
新しいチャレンジをすることができた一年だったと思います。

新聞記事に取り上げていただいたり、
華やかなファッションショーの衣装の素材をお手伝いさせていただいたり、
新しい商品の開発を始めたり・・・

お声をかけていただいたり、
こちらからお声をかけさせていただいてご協力をお願いしたり
本当に素敵な皆様方に恵まれて、いろんなチャレンジができていることに
本当に感謝の思いです。

金銀糸のものづくりを取り巻く環境は、
やはり年々厳しさを増しているのが現状であることを否定できません。
当店の取り組みはまだまだ至らないところがあり、課題も山積です。
そのなかで今年は「ジャンプするために一度身をかがめた一年」だったように思います。

本日お越しになったお客様のように
日本の国のみならず世界中で京都の金銀糸の良さを
認めていてくださる方々もおいでになります。

「なんのためにこれをやるのか?」
京都の金銀糸を取り巻く「重層的な価値」をまもるために。

来年は、もっともっと京都の金銀糸の美しさをお伝えできるような
取り組みやチャレンジを形にしていきたいと思っています。
来年2月には「新しい価値」のかたちもご覧いただける予定です。
お楽しみいただければ幸いです。

そのためにはブログの更新も気合を入れなあきまへん!

平成29年は1月5日より営業を始めさせていただきます。

皆様にとって来年も素晴らしい一年でありますように
どうぞよいお年をお迎えくださいませ。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
# by tera-yasu | 2016-12-29 15:46 | その他 | Comments(0)

Keiichirosense in Fashion Week Tokyo

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

Amazon Fashion Week Tokyo
"ファッション・ウィーク" とは、年2回、世界のファッション都市で開催されているファッションの祭典で、
ファッション・ショーや展示会で発表される最新コレクションから、次のシーズンのトレンドが生まれています。

世界のファッション・ウィークの中でも、歴史性、話題性から情報発信力が大きい、
パリ、ミラノ、ロンドン、ニューヨーク、そして東京の5都市で行われるものは、
「5大ファッション・ウィーク」と総称され、大きな影響力を持っています。
(公式webより引用 http://amazonfashionweektokyo.com/jp/

とても華やかで注目度の大きな舞台ですね。
そんなAmazon Fashion Week Tokyoに参加しているブランドの一つ、keiichirosense (ケイイチロウセンス)を展開されている由利佳一郎さん。
少しご経歴を紹介します。
「鞄生産の一大産地、兵庫県・豊岡市を拠点に活動。
世界最高峰のドイツの工業デザイン賞「iFデザインアワード」にてニューダレスバッグが受賞。
また、イタリア・ミラノのバッグショー「MIPEL」にて最高賞「ミペル・アワード」などを受賞。
日本の伝統的な素材を用い革新的なシルエットにて表現することで、”未知なる感動”を提案。

ミペルアワードを連続受賞後、Made in Japanを世界に発信すべく、新ブランド「KEIICHIRO」をスタート。
姫路の皮革をベースに、日本の伝統的なテキスタイルや新素材を融合した高度な特殊技術と独創的なバッグデザインで新しい価値の創造を提案。
「バッグから着想するスタイリング」をコンセプトに、ファッションブランド「Keiichirosense」をスタートさせ、独自のスタイルとフィーリングを表現するべく、シルエットを意識しながらも、鞄という機能までをもファッションに取り入れる、いわばウェアラブルなスタイルを追求。」
(Amazon Fashion Week Tokyo ブランドプロフィールより引用
http://amazonfashionweektokyo.com/jp/brands/detail/keiichirosense/

バッグデザイナーというバックボーンを持ちながら、前衛的なインパクトと伝統的な素材との組み合わせで展開されるものづくりは、本当に個性的で魅力的です。

実は、以前からとてもお世話になっていて親しくさせていただいているご縁で、
今回の取り組みのひとつにのほほん金糸屋も少しだけ手伝いさせていただく機会がありました。

ご要望は「迫力があって、形状の固定できるような金糸が使いたい」とのことでした。
はてさて・・・由利さんの感性でどのようなものをお創りになるのかな・・・?

形状が固定できつつ、迫力のある表情で太さも出そうということであるなら、
お世話になっているくみひも屋さんと協業でこんなものをこしらえてみました。
d0176048_1634129.jpg
d0176048_16342894.jpg

由利さんにお渡ししたところ「OK!」のご返事をいただけたのでひと安心^^;

あとはどんなかたちで、できあがりになったのかな?

ワクワクしつつ、当日のショーを心待ちにする日々を過ごしておりました。

そして迎えたショー当日、渋谷ヒカリエのホールで我々の前に姿を表したのは!
d0176048_16335942.jpg


大変光栄なことに、一番先頭での取り扱いにしていただけました。
ショーの様子もこちらでご覧いただけます。


今回の取り組みで金銀糸という素材について、たくさんの方に知っていただける機会を作っていただきました。
同時に新しい金銀糸の用途の可能性を拡げることにもつながったと感じています。

Keiichirosense 由利佳一郎さんとスタッフの皆様に心より感謝申し上げます。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
# by tera-yasu | 2016-10-26 17:11 | 金銀糸 | Comments(0)