国産生糸のことで、おもうこと

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

のほほん金糸屋は金銀糸が専門で、とりわけ刺繍の職人の皆様がたにはお世話になっておりますねん。
そういったことからいろいろなご要望に応じて、日本刺繍に使う素材や道具、刺繍針や刺繍台なども取り扱うようになりました。

その中でも絹平糸(釜糸)も、取り扱いさせていただくことになってずいぶん年月が経ちます。
d0176048_13454745.jpg


素材として使わせていただいているのは、希少な国産生糸。
昨年「富岡製糸場と絹産業遺産群」として世界遺産に登録されたり、今年はNHK大河ドラマでも取り上げられたり、「群馬の生糸」は世界中から注目を受けている中ですね。
のほほん金糸屋もわずかながら、京都の原糸問屋様を通じて「碓氷製糸農業組合」様のものを仕入れさせていただいております。
問屋様にお伺いすると、やはり「だんだん手に入りにくくなってきた」品物のようです。
d0176048_14101893.jpg


しかしながらこの国産生糸、産業としての現状はきびしく、希少にならざるを得ない様々な苦しい事情も現実としてあるようです。
シルクの国内供給のうち、99.5%までが中国産やブラジル産等の輸入生糸でまかなわれているそうで、
つまり国産生糸のシェアは0.5%ということ。
品質面はもとより、価格面での競争にさらされて国内の製糸産業、養蚕産業はどんどん衰退していった現実があるようです。
それでも群馬県や山形県、長野県など各地で、生糸作り、製糸産業、養蚕業を残していく取り組みをされています。

ほんで・・・
のほほん金糸屋として思うこと・・・

コストの事やったり、品質の事やったり、商売としてはいろんな選択肢はあると思うけど、
うちのお店としてはやっぱり国産の生糸をでき得る限り使わせていただいています。

理由は直接刺繍をされる職人である当店のお客様が、「国産生糸の品質」を高く評価されていらっしゃることです。

ものを作るのに「こだわり」って、やっぱり大切やと思いますねん。
でも「こだわり」っていう言葉、よく使ったり聞いたりしますけど、つまるところどうゆう事ねんやろ?

のほほん金糸屋は「こだわり」=「価値観」じゃないかなって思っています。
でも「価値観」という言葉もまた、人の見方によって本当に多種多様ですよね。

価格であったり、機能であったり、利便性であったり、デザインであったり・・・
目に見えやすい定量的定性的な「価値観」
あるいは地域とか、歴史とか、文化とか、人の思いとか・・・
目に見えにくい重層的な「価値観」

実はそういった「見えにくい価値観」こそが、つくりあげた「もの」にも宿るんじゃないかな?
「見えにくい価値観」を大切にすることこそが「こだわり」なんじゃないかな?。
のほほん金糸屋は「伝統工芸」とか「伝統文化」といわれるような業界に身をおいていると、そう思う機会がちょくちょくあります。
でもそういう「見えにくい価値観」って、お伝えすることは実は相当難しい。
それは多分に情緒的な部分による価値観で、定性的定量的に計ることはできないから。

「文化的財産」として維持していく事と、「産業工業」としてビジネスを成り立たせていく事。
そして「見えにくい価値観」をお伝えしていくこと。

国産生糸も京都の金銀糸も、いわゆる「伝統工芸」と呼ばれる産業分野に従事している皆様も、抱えている課題はこういったことなのかもしれませんね。
ほんまに難しいテーマですが、、のほほん金糸屋もそういった「価値観」をお伝えする努力を怠ってはいけないと思っています。

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www.terayasu.com
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
# by tera-yasu | 2015-11-19 15:34 | 刺繍 | Comments(0)

秋のお祭りと純金糸

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

純金十二掛と純金十四掛。
「地域の宝物づくりのお手伝い」
以前のお話になりますが、
かなりの大作にお使いいただく模様で、ほぼ1年がかりでの金糸の製作、ご納品を致しました。
d0176048_12313994.jpg


10月に入り、様々な地域で秋祭りの季節です。
皆様がお住まいの地域のお祭りにお出かけの際は、豪華な飾り幕や金綱もぜひご覧ください。
地域にお住まいの皆様の「つながり」や「誇り」の象徴としての「たからもの」。

そのような「地域の宝ものづくり」のお手伝いが微力ながらでもできているのであれば、のほほん金糸屋としても幸いです。

実はのほほん金糸屋もいろいろな地域のお祭りを見に行きたくなって、わくわくしてきてますねん^^

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
# by tera-yasu | 2015-10-09 12:42 | 金銀糸 | Comments(0)

本金糸のできあがる過程 その5

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

職人さんの妙技のリレーで本金糸ができあがっていく過程を動画でご紹介、今回は「その5」です。

今回はいよいよ仕上げです。
撚り工場からできあがってきた金銀糸は500mから1000m単位のかせ、「大束」の状態です。
この形でお使いいただくお客様も多いのですが、小分けにした形に整えていきます。
d0176048_16372878.jpg


これを刺繍職人様に少量でお使い易いように100m単位の「小束」に小分けしていきます。
33cmの長さの板に金糸を掛けつけていきます。
30周毎にこよりで仕切りを入れながら、150周掛けつけると100mの長さに仕上がります。
d0176048_16435670.jpg

d0176048_16445040.jpg


板に掛けた状態の金銀糸の撚りを整えるために、湯のし釜に入れて蒸気に当てます。
d0176048_16495834.jpg


湯のし上がった金糸を板からはずして、少しひねりを加え、こよりを束ねつけて本金糸の完成です。

d0176048_1651307.jpg


創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
# by tera-yasu | 2015-05-14 16:52 | 金銀糸 | Comments(0)

本金糸ができあがる過程 その4

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

職人さんの妙技のリレーで本金糸ができあがっていく過程を動画でご紹介、今回は「その4」です。

さていよいよ細く裁断した箔紙を芯糸にらせん状に撚りつけていきます。
使用している撚糸機は稼動60年以上のベテランですが、とても大切にメンテナンスしながら使用されています。
中心の糸道に通っている芯糸の周りに撚りついていく箔紙の様子がお分かりいただけるでしょうか?


芯糸は黄色く染めた絹糸や綿糸を使用しています。
箔紙が裏返らないように、すき間を作らないように、
柔らかい風合いをまもって撚り上げていくことが大切なポイント­です。

この後、蒸気セットを施して撚りを整えます。
その後、仕上げをしてようやく本金糸の完成です。
d0176048_12551194.jpg


創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
# by tera-yasu | 2015-04-20 12:57 | 金銀糸 | Comments(0)

本金糸ができあがる過程 その3

おおきに、おこしやす。 のほほん金糸屋です。

職人さんの妙技のリレーで本金糸ができあがっていく過程を動画でご紹介、今回は「その3」です。

純金箔を押し終えた600mm幅125m長の原反を金糸にするためには細く裁断加工していかなければなりません。
まずは大切り裁断で600mm幅を六等分、およそ12cm幅にカットしていきます。
もっと細く裁断する前の準備加工で、「大切り(おおぎり)」と呼ばれる工程です。


六等分にカットした本金原反を、いよいよ金糸の太さに応じて細く裁断していきます。
当店の金糸は一掛から十八掛まで、さまざまな太さを製作します。
ですので、裁断幅も金糸の太さによって変えていきます。
太い番手で約2mm程度、細い番手ですと約0.8mm程度の幅で裁断をしていきます。
裁断した箔紙は、撚糸のためにボビンへ巻き取られていきます。


次回は撚糸の工程をご紹介します。
お楽しみに^^

創業明治三十年 京都 金銀糸
株式会社 寺島保太良商店
web http://www7.ocn.ne.jp/~terayasu/index.html
Blog http://terayasu.exblog.jp/
Twitter http://twitter.com/terayasukinnshi
Facebook https://www.facebook.com/kyoto.kinginshi.terayasu
[PR]
# by tera-yasu | 2015-04-14 11:36 | 金銀糸 | Comments(0)